社長メッセージ

社長メッセージ

経営における三大資源は「ヒト」「モノ」「カネ」といわれています。このなかで、「モノ」と「カネ」は短期的な経営目標を実現するための資源です。一方、中長期にわたって企業を発展させる原動力となるのが「ヒト」すなわち人材です。そして、「人材」は最も重要な資産で、「人財」とも表現されています。

いま、日本の各企業は、中小企業を中心に人材不足が深刻化していますが、その根本的な原因は少子化です。今後は更に少子化が進んでいきますから、若い世代の人材確保はますます困難になっていきます。
ですから、一旦採用した若い人たちが辞めないよう職場環境を改善するとともに、彼らを指導・教育し、戦力化していかないと企業の存続自体が脅かされる懸念があります。

「ヒト」の能力を組織においていかに発揮させていくかという長期的な人事戦略こそ、総ての産業において、将来の成長の鍵を握っているといっても過言ではありません。
たとえば、日本においてもホスピタリティ溢れる接遇で評価の高いザ・リッツカールトンの人事戦略は 「(社員の才能+スキル)x教育(投資)」=企業の成長」です。

私は、二つのホテルの再生を成功させた経験から、まずは人の「気づき」を引き出し、人の意識を変革させて、はじめて知識やスキルも生かされ、真の人間力を高めることが可能になると確信しています。元プロ野球の名監督と言われた野村克也氏も「意識が行動を変える。行動が性格を変える。性格が人生を変える。」と述べています。

私どもSIQは組織における「人材を人財に変える」、すなわち人間力の向上を使命としております。SIQの研修を通じて、少しでも皆様の組織の成長、発展のお役に立てればと心より願っております。ぜひ一度ご相談賜りますようお待ち申し上げております。

代表取締役社長 金子 順一